就職祝い

サイトマップ

就職祝いとは

高校や大学を卒業して就職をした人に贈るプレゼントを就職祝いといいます。卒業祝いを兼ねており、社会人のスタートにふさわしい贈り物が好まれます。よく先輩後輩関係にある人からや、知人からの就職祝いとしてプレゼントされるのが、ビジネスバッグやベルト、印鑑、名刺入れなどだそうです。頻繁に社会人になると使う場面が増える品物の人気が高いといいます。手帳や万年筆、ボールペンなどもおすすめです。女性への就職祝いとして喜ばれるのは、化粧品やアクセサリーなどです。就職祝いには背広やスーツという場合があるのは、親から子へ、伯父や伯母から甥や姪へ贈るときです。1人暮らしを就職のタイミングで始めるという人に喜ばれるのは、寝具や生活用品ではないでしょうか。就職祝いは実用的なものが多いので、思い切って相手に欲しいものを聞いてみるという方法もあります。学生から社会人になったことで、今まではとくにいらなかった色々なものが必要になることもありますので、最も実用的なものは現金だといえるのではないでしょうか。大事にお金を使わずに取っておいていたけれど、辛い時ももらったことを励みに頑張れたという人もいるようです。何かものをあげるだけが就職祝いであるとは限らないようです。高級な値段の高いなかなか自分では行けないレストランやホテルで、就職祝いをしてもらったという人もいます。相手に喜んでもらえるプレゼントを吟味して、就職祝いは社会人としての出発のお祝いですから、心からのおめでとうと激励の気持ちを込めて贈ることが大切です。

就職祝いのマナー

人生には入学祝いや就職祝いなどいろいろと記念でお祝いをすることがあります。就職祝いは、ごく親しい間柄同士のお祝いのやり取りです。マナーを細かく気にすることはないかもしれませんが、両者が守らなければならない程度の礼儀はあります。だいたい同時期になるのが、卒業と就職です。卒業祝いと就職祝いとが重なる場合は、就職祝いとして就職祝いの方を重視して送るのが常識だそうです。出来る限り早く、就職祝いは職先が決まった時点で贈るようにします。できれば贈るのは入社式の前までにするようにしましょう。事情があって遅くなってしまったときでも、できるだけ入社式後、早めに贈るのがマナーです。お金で送る場合は、5,000円から20,000円が相場ですが、付き合いの深さや血縁関係の近さのほか、送る側の年齢によっても異なります。もしお祝いのお金をのし袋に入れて贈る場合は、表書に御祝とか就職御祝と書くと良いでしょうお返しは就職祝いの場合はしない習慣のようです。お礼状や電話で感謝の気持ちを早々に伝えることが大切です。普段から仲の良い人への連絡なら、メールでも問題ありません。とくに形式にこだわるのは不要です。だいたい就職御祝いとしていただいたものの3分の1から2分の1ぐらいの金額で、お返しをする場合は選ぶのがおすすめです。

就職祝いの人気ランキング

多くの人が、就職祝いを贈るときにどんなものを贈ったら良いか考えてしまうのではないでしょうか。就職祝いに送るものとしての定番は幾つかありますが、選択肢の幅は広く、御祝い品候補はたくさんあります。現金を就職祝いにして自分で欲しいものを購入してもらうか、欲しいものを聞いておくというのも、相手が喜ぶものをと思うのであればよい方法だといえるでしょう。自分で決めるというときは、プレゼントする相手が必要ではないかと思われるもの、たとえば営業職なら身につけるもの、事務職なら文房具などを選んでみましょう。近ごろ注目を集めている就職祝いは、女性には財布、男性にはネクタイだといいます。社会人としてスーツを着るようになればいくらあっても困らないのがネクタイです。ネクタイを初めて購入する場合には、どんなスーツにも合うような一般的なものを選ぶことが多いでしょう。就職祝いとしてちょっとおしゃれなネクタイをプレゼントすると良いのではないでしょうか。女性の場合は、新社会人になると学生時代とは持つ物も変わり、大人っぽいものが欲しくなるものです。ちょくちょく財布は人の目につくものであり、物が良い財布は目にすれすぐ人からも分かるものです。ケーキを就職祝いにするという人も今はけっこういます。何といってもお祝いといえばケーキです。おめでたい席の定番といえばお菓子です。デコレーションケーキや保ちのいい洋菓子など、お祝いの気持ちがたっぷりなものは老若男女に支持されていて購入する人も多いといいます。就職祝いの気持ちを分かりやすく相手に伝えられる花束などを選ぶ人もたくさんいるそうです。

「就職祝い」について

就職祝いについて

Copyright © 就職祝い. All rights reserved